ナポリ発周遊ツアー

  ポンペイ、ソレントとアマルフィ海岸
  カッシノとカゼルタ
  アマルフィ、エメラルドの洞窟、ポジターノ   ヴィエトリ、パエストゥム

芸術と文化の町ナポリ。豪華宮殿や記念碑は輝いた過去を証明しています。ヴェスヴィオ湾に映し出されるみごとな光景は世界中の人々を魅了させます。
4時間ツアー:ナポリ中心地を横断し、町を一望できる絶景スポットへご案内します。

ポンペイ遺跡やエルコラーノ遺跡から発掘された貴重品が納められている国立考古学博物館、ナポリの町と深い絆をもつ神話の守護聖人ジェンナーロの聖骨箱を保管するドゥオーモ(大聖堂)へ訪れましょう。

「スパッカナポリ」と呼ばれる狭い路地と旧市街地、聖マルティーノ修道院、1600年時代のナポリ絵画をあつめる絵画館、趣きあるナポリの町並みとナポリ湾の大パノラマが正面に広がるベルベデーレ丘もお勧めスポットです。

博物館となったブルボン家の王宮には、画家ティッツィアーノ、ボッティチェッリ、ペルジーノらのイタリアを代表する絵画が集められています。

アマルフィ海岸へ旅を続けましょう:
ナポリツアーに更に4時間追加すると、アマルフィ海岸沿いにあるエルコラーノの町と遺跡の観光ができます。

エルコラーノはポンペイと同様に紀元後79年のヴェスヴィオ火山によって沈んだ町です。火山が噴き出す粘土混じりの大きな堆積によって家や町は覆い被されてしまいました。

エルコラーノは古代ローマ貴族の避暑地として好まれた別荘地帯です。キケロはエルコラーノ市民をカンパーニャ州で一番重要な市民と断言し、カエサルは夏のバカンスをここで過したと言われています。

エルコラーノ遺跡からの発掘物はポンペイ遺跡の発掘物と異なり貴族の所有物ばかりでした。金、大理石、銀、木製の彫刻、家具など長い年月のあいだ地下に眠っていたものが地上に出され、ローマ帝国時代の日常品や服装、習慣や芸術が明らかになりました。彫刻、絵画、壷などの貴重品はナポリ国立博物館に、その他は出土品収蔵館に保管されています。

過去へのタイムスリップ旅行をお楽しみください!